前へ
次へ

インフルエンザは対抗する手段がある

いちど流行し始めると一気に広まってくるインフルエンザウイルスですが、対抗する手段があるので、流行し始

more

しっかりとインフルエンザウイルスの対策をする

やはり、インフルエンザが流行し始めてきたなら、ウイルスの対策をすることが重要となってきます。

more

インフルエンザにかかったことがあります

一人暮らしをしていたとき、インフルエンザにかかってしまったことがあります。
数日前から倦怠感が

more

インフルエンザの正しい予防法

一般的に言って、インフルエンザが流行する時期は冬季であり、学校や職場また地域など人が多く集まる場所で起こります。
もちろんその時期になったら、予防接種のために作られるワクチンを打つことができますが、普段の日常生活の中でも効果的に予防することは可能です。
正しい予防法には幾つかのことが関係していますが、まず抵抗力のある体を作るために日頃の健康管理に注意できるでしょう。
具体的に言えば、毎日十分に栄養のある食事をし、質の良い睡眠をしっかり取るよう心がけることができます。
基本的にインフルエンザは、飛沫感染や接触感染により起こると言われているため、流行する時期には人が大勢集まる場所には出来るだけ出かけないことも大切です。
特に高齢者や糖尿病といった基礎疾患がある場合は、繁華街や人混みを極力避ける必要があると言われています。
仮にやむを得ずそのような場所に出かけた場合には、帰ってきた時に徹底的に手洗いとうがいを行うことができます。
その際、石鹸を使って念入りに手を洗うこと、たとえ外出時にマスクをしていたとしてもしっかりうがいをすることにより、かなりの程度予防することができます。
手洗いの後に、アルコールを含む消毒液を使って手の消毒を行うのも効果的です。
インフルエンザの予防で比較的難しいのは、同居している家族が感染している場合でしょう。
同じ屋根の下で生活しているのですから、完全に隔離することはできません。
それでも家族の他の成員への感染を防ぐために、看護する際にはマスクを着用したり、寝室を別にするなどして接触を最小限に抑えることができます。

【完全予約制】南青山デンタルクリニック広島院

平成医会によるストレスチェック

お口の問題解決|行徳さくら歯科口腔外科クリニック

草加市の短期集中治療歯医者

正社員・パート求人は【札幌・介護のお仕事紹介センター】

室内の湿度を適正に保つことも、インフルエンザを予防する効果的な方法の一つと言えます。
一般に空気が乾燥していると、喉の粘膜の防御機能が低下してしまい、感染しやすくなるからです。
加湿器などを上手に使って、50パーセントから60パーセント程度の湿度を保つことが勧められています。

Page Top