前へ
次へ

インフルエンザと風邪の見分け方

インフルエンザなのか風邪なのか、違いがわからない状態になるケースは少なくありません。
一般的な違いは全身の倦怠感と高熱で、風邪の場合はのどの痛みや咳、鼻水などが中心で、発熱も驚くほどの高熱にはなりません。
インフルエンザはウイルスに感染することで起こる病気で、前述の風邪と同じような症状は出るものの、38℃以上の高熱や頭痛、全身の倦怠感が特徴です。
全身の関節や筋肉が痛んだり、寒気やだるさが急激に同時発生することが多く、小児や高齢者では重症になることがあります。
もちろん、風邪でも高熱が出ることはありますし、全身がだるくなることもありますので一概に言えません。
ただ、風邪の場合はのどや鼻の症状が先にあって、その後37度台の熱が出る順番が多いですが、インフルエンザの場合は先に全身の症状が出てくるのが特徴です。
咳も強く、吐き気や頭痛もかなり強度になるでしょう。
治療は抗インフルエンザウイルス薬の投与となりますので、医療機関を受診して薬を処方してもらい、服用した後はひたすら安静にして寝ていましょう。

Page Top